読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【総評】聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>が破壊したもの

アニメ『聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>』とはなんだったのか。


TVアニメ「聖剣使いの禁呪詠唱」”最強”の解体新書〈ターヘルアナトミア〉 - YouTube

2015年春、数多くの視聴者を熱狂と狂乱の渦に巻き込んだアニメ『聖剣使いの禁呪詠唱』(以下『禁呪詠唱』)は最終回までその勢いを落とすことなく、怒涛のラストスパートをもって終幕を迎えた。放送当初から「神クソアニメ」とまで揶揄された本作の評価は真っ二つに割れている。絶賛か酷評。酷評しつつ絶賛する人も多い。グラフにしたらきれいな二次関数になるだろう。
この一部での高評価を見て、絶賛する視聴者を「壊れた」ととなえる人が各所で散見されている。たしかにこの作品を手放しで褒めまくる私自身、明確に壊れた実感がある。この作品は間違いなく「クソアニメ」と呼ばれても仕方ないマイナス点が数多く見られるからだ。
にも関わらず、そのどれもがプラスだったかのように思えてしまう。

ここでは『禁呪詠唱』の持つ「笑い」の要素を中心に、本作を視聴することによって視聴者に何が起こり、どう感じるように仕上がっていくのかを、自身の体験をサンプルにして綴っていく。

・笑いとは
人はなぜ笑うのか。

f:id:n_method:20150328171715j:plain
笑いは構図(シェーマ)のズレによって生じると考えられている。噛み砕いて言えば「自分の想像が間違っていたと気付いたときに笑う」。筋骨隆々のオカマキャラがいつまでも定番であり続ける理由がこれだ。人はその見た目と言動のギャップに笑う。他、たとえば武藤遊戯がカードゲームで命を賭けたとき、範馬刃牙がゴキブリを師匠と崇めたとき、緑間真太郎がオールコート3Pなどとのたまい始めたとき――自分の想像をはるかに飛び越えた言動を前に、人は笑う。

『禁呪詠唱』ではこのズレが日常・非日常(ギャグ・シリアス)パートを問わずあらゆる場面で発生する。

視聴者はアニメを見る際「本来こうあるべき映像・音声」を無意識に脳裏で描いている。ただ普通に歩いたり喋ったりするシーンから、スピーディーで息もつかせぬバトルまで、シーンの内容や種類は問わずにだ。過去観た映像や音楽の雰囲気、あるいは設定等から、視聴者はテレビ画面に映し出されるべきアニメを、自分でも気付かないうちに予測している。

f:id:n_method:20150328172706j:plain
『禁呪詠唱』を形作る要素のうち、想像と現実のズレを感じられる部分をざっといくつか挙げてみる。宙空にひらがなで綴る魔法の呪文。妙にねばついてスライムじみたオーラ(プラーナ)。高速の腕振りダッシュ。てくてく歩いているようにしか見えない超高速戦闘。止め絵の怪物。ヤシの木。波。白背景。13の頭を持つ9頭の龍。etcetc……枚挙にいとまがない。

アニメーション(映像媒体)は情報のバリエーションに富んだメディアである。視覚と聴覚に訴えかける要素がきわめて多い。そして『禁呪詠唱』ではそれらの各要素があちこちでズレて軋みをあげる。良質なBGMや作中の説明、声優の迫真の演技が、無意識下の「本来こうあるべき映像」を補強するのだ。現実に提供される映像は作画班が力尽きたようなしょっぼいものから、想像を絶するぶっとんだものまで様々だが、これによりズレは増幅され、より破壊的な笑いがもたらされる。
特にクライマックスで流れるメインテーマに関しては稲垣監督も「アニメ人生屈指の名曲」と認める、非常に壮大かつ情熱的な素晴らしい曲である*1。これとシュールな映像が噛み合ったときにはたまらない。シナリオ的にも大きなカタルシスを達成する瞬間であるため、視聴者は言い知れないほどの多幸感を味わうことになる。

f:id:n_method:20150317213052j:plain
アッパードラッグとはこのような感じなのだろうか?

・朗笑と嘲笑
笑いは、大まかに2種類に分けられる。 親愛的な陽性の笑い「朗笑」と、心理的な暴力性からくる陰性の笑い「嘲笑」である。ざっくり分ければ、人は作品がこちらの想像を上回ったときに朗笑し、下回ったときに嘲笑する
たっぷりと盛り込まれた作中のギャグによる笑いは朗笑、力ない戦闘シーンやロシア人-日本人間の言語問題をあっさり放棄する等の雑な展開による笑いは嘲笑に属するだろう。アリプロに似たOP*2も、人によっては嘲笑の対象にするのかもしれない。

とはいえ、もっとも嘲笑を浴びているのは基本的に作画部分である。これは制作会社に責任があるとする声が多い。本作を手掛けるディオメディアはこのクール、実に4作ものアニメをかけもちで制作している*3。割ける予算も人員もかなり限られた状況だろう。
本作の作画(というより動画)はしばしば厳しい状態に陥る。多少崩れても問題のないキャラデザを採用しているので人物はさほど気にならない。……さほど。
問題は戦闘だ。せっかくの見せ場において残念なアクションになることも多く、細かい動きの使い回しもしばしば。目の肥えた視聴者が多い昨今のアニメ界隈において、こういった低品質な部分を嘲られてしまうのは仕方のないところもあるだろう。

f:id:n_method:20150328171759j:plainでは、たびたび出てくる例の高速ダッシュ(光技・神足通)はどうだろうか?
早送りのコントめいた全力疾走。絵面からしてギャグだが、場面の雰囲気問わず用いられる、呪文詠唱と双璧をなす『禁呪』アクションの代名詞だ。これをどう感じるかは個人個人によって分かれるだろう。『禁呪詠唱』はピエロに似ている。
こういった、意図的に「まともさ」を崩したアニメーションが、本作では毎話必ず提供される。
1話、服だけ破れる攻撃。
2話、横スクロールアクション。
3話、スローモーション喫茶ボクシング。
4話、垂直跳び→成層圏での「綴るッ!」。
そして、「このアニメはネタ抜きで観ても結構面白いんじゃないか?」と多くの視聴者に気付かせた正統派水着ギャグ回・5話直後の、あの6話。

話数を重ね、何十回も笑い転げているうちに、視聴者は突き出される映像が想像を上回っているのか下回っているのかよくわからなくなってくる。くだらないのか面白いのか、ネタかガチかガチでネタか。朗笑と嘲笑はあやふやに溶け合い、視聴後には笑いがもたらす幸福感、プラスの感覚だけが残っている。1話観終えるごとにまたひとつ『禁呪詠唱』が好きになっている。
半クール分も過ぎた頃に第1話を観返してみると、初見時とはまるで異なる印象を覚えることに驚くはずだ。第1話には本作のエッセンスが凝縮されている。

こうして感受性をかき回され続けた結果、最終的に視聴者は、それこそ箸が転んでも笑えるような状態に調教されてしまう。何せ走っているだけで笑えるのが『禁呪詠唱』だ。あばたなのかえくぼなのかわけわからなくなっても仕方ない。だいたい、そういう画面作り•セリフ回しをしているほうが悪い!
こうなればもうどうしようもない。制作サイドのエネルギー的死が笑いに転化されるさまはちょっとしたエントロピーの凌駕である。魔法少女もびっくりだ。

「禁呪が面白くなったのではなく、我々がおかしくなったのではないか」

正気に返った誰かが叫ぶ。しかし、真に強い作品とは受け手の価値観を変革してしまうものだ。聖書だってそうだ。実際、アニメ『禁呪詠唱』ファン(とくに実況勢)の言動はどこか狂信者めいている。他の作品に触れているときから日常のふとした瞬間においても、ふいに思い出したり綴ったりしている。はたから見たらただの頭のおかしい人である。

話が逸れた。
つまり、本作『聖剣使いの禁呪詠唱』は二つの笑いを持ち、正統派コメディによる最強の朗笑と、戯画化されたクソさによる最強の嘲笑、両方を自在に使用することができる。

f:id:n_method:20150317212554p:plain

・作品そのものの強度
笑いに関して長々と書き連ねておいて何だが、『禁呪詠唱』の魅力は決して笑いだけではない。それについても軽く触れておこう。

本作は原作小説1巻分を2話にまとめており、原作付きアニメとしてもかなりのハイペースで進行する。そのためカットされてしまう部分も多いが、反面、展開のスピードにおいては他のアニメの追随を許さない。また原作のストーリーライン自体もしっかりと構成されており、人間的な魅力にあふれる登場人物*4がぐいぐい物語を牽引していくので、上述した「笑い」の味付けを抜きにしても十分楽しめる骨子がある。 王道かつ質実剛健、『水戸黄門』『暴れん坊将軍』あたりに通じる、爽快感に満ちた勧善懲悪シナリオから感じられる面白さは、世に言う「まともに面白い作品」と何ら変わらない。
肉も骨も味付けも美味しい=面白いのがアニメ版『禁呪詠唱』といえるだろう*5

f:id:n_method:20150328171740j:plain
視聴者は、圧倒的なカタルシスをもたらす主人公の決め台詞「思い…出した!」をはじめ、「綴るッ!」「ウィーアーザセイヴァーズ」「俺は俺から奪っていく奴を絶対に許さねえ」などの定型ネタがいつどのように飛び出すかを期待しつつ、畳んでは開きを繰り返す超スピーディな物語を観続けることとなる*6。その間にも矢継ぎ早に、間断なく笑いは供給され続ける。止まったら死ぬマグロじみた生き急ぎ具合だ。
きわめて密度の高い流れを追うことにより、視聴者の体感速度は恐ろしいまでに加速する。1話ごとの体感時間は人によっては10分を切るという。


たしかに『禁呪詠唱』は文句なしに笑える作品である。しかし、同時に熱くもなれるし、感動もできる。登場人物の可愛さ格好良さに悶えたり、彼らの生き様に憧れる人もいるだろう。
本作を単純にネタアニメと捉えてしまうのも、テンプレ学園異能バトルと切って捨ててしまうのも、等しく「もったいない!」と思う。あるいはそういった安直なレッテル貼り、バイアスさえも破壊し得るのがこの作品なのかもしれない。

『禁呪詠唱』は視聴者の世界を破壊する。感受性、時間感覚、評価基軸、価値観、常識ーー創作物と相対する際に私達が踏みしめるあらゆる足場は崩れ去り、丸裸になった意識が『禁呪詠唱』という名の奔流<ウロボロス>に放り出される。
自身の世界を壊されて湧き起こってくる感情は、笑いかもしれないし、恐怖かもしれない。もしくは絶対的な嫌悪か、はたまた神への信仰心か。
私は本作に対してプラスの感情しか湧かなくなるくらいワールドブレイクされてしまったが、それほどのパワーがこの作品にあることは間違いない。

原作のストックは1クール分以上ある。2期制作を強く望む。 

 

*1:コンプティーク2015年4月号のインタビューより。主人公・灰村諸葉が「思い…出した!」し、必殺技で敵を倒すときにしばしば用いられる曲「World Break -Main Theme-」のこと。

*2:なお、これは実際にALI PROJECTが楽曲を提供している。CDのカップリング曲はドライブ感ある熱い良曲(雰囲気としてはED曲「マグナ•イデア」に近い)なので、是非聴いてみてほしい

*3:特にビッグコンテンツである「艦隊これくしょん」のアニメに多くのリソースが費やされたのでは? という声も。

*4:個性的なヒロインズも大変に魅力的だが、主人公・灰村諸葉のキャラクターが特筆に値する。行動力、決断力、ユーモアといった人格面の高さに加えて、金銭面でのセコさや人並みの性欲といった、俗っぽく親しみを持てる一面があり、何より熱血漢である。「等身大の強い善人」という、往年の名作少年漫画を彷彿とさせる人物造型に成功している。

*5:無論、肉と骨と味付けに関しても、各要素が兼ね揃える「まともさ」と「まともでなさ」が前述した構図のズレを起こしている。これがよりいっそうの笑いをもたらす。

*6:定型ネタを捻ったり下地にした言葉での決着はカッコよく、そして面白い。ここで笑えてしまうのもまた、ズレによるものだろう。