読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話数単位で選ぶ 2015年TVアニメ10選

アニメ

f:id:n_method:20151218030609j:plain
(今年のアニメを)思い…出した! 綴るッ!

ルールは以下の通り。
・2015年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

ネタバレ満載でお送りします。あしからず。


■聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 第12話「二つの生を越え-Beyond the time-」

f:id:n_method:20151220235143j:plain
「みんな、ありがとう!」

OPフェードアウトから始まる圧倒的最終回。どんな代物が出てこようとも絶対受けきってみせる! と構えていたおれの感受性は開幕1分で床ごと抜けて落ちていった。
かつて自身が転生した事実に怯えていたマーヤが自らの意志で(アニオリ設定だが)「再び綴る」さま、サツキと静乃が絶望に囚われた諸葉を救うべく「思い出す」姿、ウィーアーザセイヴァーズ! からの挿入歌『キラリア』。自ずと心身が熱くなるような燃えるドラマが仲間達全員の行動を通して描かれる。「思い…出した!」の天丼とその変奏も健在だ。

f:id:n_method:20151221001911j:plain
全体的に演出が光る回だが、特に3度目の生たる現世で、またも大切な人達を奪われた諸葉の怒り・絶望の表現は凄まじい。石川界人の熱演と主線ギザギザが目を引く秀逸きわまる演出である。パンドラの箱から最後にとんでもないものが飛び出してきた(毎回とんでもなかったが)。
クソ要素と王道展開を類稀なレベルで両立させた、問答無用の神回といえよう。
あとスーパー諸葉さんのデザインはガチでカッコいい。
しかし二期はまだか……おれはいつまでフランス支部長のシャルルを警戒し続けなければならないんだ……


■えとたま 第5話「滋羊強壮」
f:id:n_method:20151221001653j:plain
「やっぱりオンエアでは無理にゃが円盤では光がとれてすっぽんぽん!」
「同じセルに描きこんでいるので取れませんデスデス」

看病回→水着回→温泉回→……どう考えてもやり過ぎである。
全キャラ総動員で送る超高密度のAパート。過剰も過剰な情報量、洪水めいたギャグの奔流に思考を丸ごと洗い流される。おもちゃ箱をひっくり返したかのような破滅的カオスは目にも耳にもやかましいことこの上ない。りえしょんのツッコミも普段以上にキレッキレである。
画面の四方八方から矢継ぎ早に飛び出す暴走干支神の突っ切ったボケに次々ツッコんで対処する様相はワニワニパニックにも似ている。

f:id:n_method:20151221001517j:plain
どいつもこいつも愉快に壊れているがもっともぶっちぎれているのはやはりモ~たん。規制の光を脱ごうとするキチガイアニメキャラが登場するのもこの作品くらいだ。まぶしい。
『えとたま』は60fpsと推定されるプリティモードのCGアニメーション、視聴者の反応をシミュレートしたかのような脚本の面でも大変素晴らしい作品だが、ギャグの勢いにおいてはこの5話が私的ナンバーワンであった。自称日本一うるさいアニメの面目躍如といえる回だろう。
Bパートは救い。メイたん可愛すぎるんだよな……はぁ……


■SHOWBYROCK!! 第6話「DOKIィッ!? 水着だらけの海合宿♡ですぞ♪」

f:id:n_method:20151221015359j:plain
「夜空に輝く夢の流星を 同じ場所で見つめていたいね どんなに離れていても心が いつかはひとつになれば」

折り返し回。5話において決裂したプラズマジカは冒頭で仲良くビーチバレーを楽しんでいる。前もって不和が解消されたことを示す、ダウナー展開苦手な視聴者にも安心のストレスフリー設計。やったね! 過程に興味を惹きつけるミステリライクな構成も妙。
音楽が本当に大好きだからこそ、その場ではすぐに許せないチュチュ。シアンに似た事情を抱える後ろめたさから真っ先に許してしまうモア。そして浴場でシアンに言葉を伝えられた時点で本当は許したかった、けれども耐えられなかったレトリー(何せ彼女にとってはライブが台無しになった事実よりも、シアンと離れる未来の方が重く、悲しいくらいなのだ)。4人の繊細な心のうつろいが微妙な間や表情、台詞回しをもって描かれる。画作りは元よりBGM、SEひとつとっても叙情的な使い方がなされており、いちいち胸にクるものがある……合間のシンガンのハイテンションが肩の力を抜いてくるのも巧い。

f:id:n_method:20151221020504j:plain
最高に過ぎたコテージのシーン。2話において『青春はNon-Stop!』で3人を魅了したシアンの歌声が、今ひとたび彼女らを結ぶ。シンプルかつ強度の高い反復構造。言葉だけでは越えられない壁でも音楽なら飛び越えていける、それを証明する一幕だ。
今この瞬間の、有限の青春を目いっぱい楽しむということ。
離れても、つながれた事実は消えないということ。
輝ける時そのものを奏でているのが『流星ドリームライン』であり、プラズマジカのすべての曲である。みんな、最高ぴゅる~~~~!


放課後のプレアデス 第7話「タカラモノフタツ 或いはイチゴノカオリ」

f:id:n_method:20150523185638j:plain
「すばるに助けられてばかりじゃいられないからな」
「私だって! あ、でも、あおいちゃんと一緒にいるのはずっと好きだよ」

どういう頭の構造していたらこんな会話劇が書けるんだろう……。
本作独自のSF設定が織り成す、けれど普遍的なすれ違い。互いの感情を凝縮した一連のやりとり。伸ばした手を引っ込めるあおい。おれの精神は一瞬にして崩壊した。


Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第20話「Unlimited Blade Works.」

f:id:n_method:20151223104502j:plain
「ヤツの言い分は殆どが正しかったけれど、どうも、何かを忘れていると思った」

最高速度で駆け抜けたUBWクライマックス。スタイリッシュアディダスパージ! 俺たちの士郎さんが帰ってきた!!
これまでの鬱積を晴らさんばかりのむせ返るようなきのこ節、意図的に間のカットを崩すことで加速される戦闘アニメーション。挿し挟まれる魔術回路のカットインが単調になりかねないチャンバラアクションの緩急となっている。常に足裏で地面を捉え、剣に体重を乗せているアーチャーに対し、士郎の地に足がついてない感じといったらない。ヘタしたら片足浮いている瞬間の方が多いのでは……力量差を雄弁に知らしめる剣戟。至高のBGM『エミヤ』アレンジの使い方がちょっと軽すぎないかと思ったけどこれは後のさよならジューダスを考慮してのことだろう。

f:id:n_method:20151223112231j:plain
剣の丘に立つ3人は全員が正しくイカれており、アーチャーの言葉は彼ら全員の欺瞞を切開する。
自身の生き方ーーー物語と言い換えてもいいーーーを殺された人間が、その上でどう生きていくか。そのひとつの回答が本作では示されている。
アーチャーの言葉は、論理的な意味ではひとつとして否定されていないのだ。ただ「正しいだけだ」と切り捨てられる。
辿り着く終着まで見据えて、心は欠けてしまいそうで、それでも胸の焔は消えず、選定の剣は引き抜かれる。ここでPC版OPと重ねてくるのはずるい……おれの精神は10年前まで退行し、気付いた時にはPCにS/Nがインストールされていた。Dust to Dust, Ash to Ash. 。彼方へ。Fateは文学(文学ってなんだ)。


■響け!ユーフォニアム 第11話「おかえりオーディション」

f:id:n_method:20151223220101j:plain
「先輩は、トランペットが上手なんですね」
「上手じゃなくて、好きなの」

音楽や人間関係を通して『響け!』では様々な敗者が描かれてきた。この終盤においてまたふたり、何の罪もない素敵な少女たちが大きな敗北を迎える。
先輩のポジションを後輩が奪っていいか。部活ものの多くで避けられないテーマのひとつだが、この作品はその過程が非常に丁寧。
今までの話を経て、視聴者は香織と麗奈、両者の物語に肩入れしてしまっている(この、肩入れさせる過程もとんでもなく巧いわけだが)。この時点でドラマ作りはもう成功しているといっても良いのだ。

優子と久美子が彼女らの間を行き来し、部長やあすかが各々の立ち位置から香織へのアプローチを試みる中、否応なくオーディションの日は訪れる。

f:id:n_method:20151223225415j:plain
端正でありどこか素朴な、耳になじむ香織の旋律。
吹き抜ける夏の風のような、凛と響く麗奈の旋律。
素人の耳にもはっきりわかってしまう差……というか違い。恐ろしく説得力の高い表現。
久美子や優子が「どちらの物語を応援するか」を基準に拍手してしまうのも(久美子は単純に演奏を比較できた部分もあるだろうが)、部員たちが演奏の力と好きな物語=香織の境遇を天秤にかけ、拍手ができなくなってしまうのも仕方のないことだろう。
であれば、物語の主人公ーー香織か麗奈のいずれかが自ら幕を引く他ない。こういう時、きっちり片方を殺してくれる力の論理(この場合は演奏力の差)ってのは本当に優しいものだと思う。
香織が自らに引導を渡すための手助けとなったのは滝先生の問いかけだ。慈悲深いという他ない。「吹かないです」と答える一瞬、照明を反射して涙のようにきらめくトランペットも印象的に映る。香織が先生に問われた瞬間の麗奈の苦しげな表情も……。

f:id:n_method:20151223224746j:plain
遠く憧れた青春、己が夢を託した香織の物語が敗れたのを目撃して、優子の号泣は止まらない。
無様でも、みっともなくても、香織の物語がまだ閉ざされてしまわないようにと必死になってあがき続けた、そんな「優子の物語」を知っているから、視聴者も(というか私も)涙せずにはいられない。香織の物語の敗北≒優子の物語の敗北なのだ。
優子はこれからもずっと、香織の物語を胸に抱いて前へと進んでいくのだろう。けれど、彼女自身の新しい物語は、せめて最後まで続くように。そう願わずにはいられなかった。


レーカン! 第12話「みんな、つながっているんです。」

f:id:n_method:20151221021828j:plain
「でももし不安に思ったそんなときは、手を伸ばしてください。そうすれば、きっと」

ワンクールを通して徹頭徹尾「人と人とのつながり」を描いてきた『レーカン!』。天海響という少女がつなげてきたいくつもの縁が、今度は響自身に向けて収束、結実するのがこの第12話だ。
霊感を失い、霊が視えなくなった響。周囲からは霊の気配さえ消えてしまう。侍にコギャル、エロ猫に人魂と終始賑やかだった画面は一転空虚な面持ちを見せる。曇天の昼特有の薄暗い空間に蝉の声が静かに響く。環境音のみの間の置き方が絶妙。
今まで視えていたからこそ、視えないものなど信じられない。響にとってつながりは視えて当然のものであり、極端に言い換えれば「(霊感によって)視えるという事実」こそが、彼女にとってのつながりだったのだ。

f:id:n_method:20151221233859j:plain
「色々なところで、たくさんつながっているんですね。明日も、つながっていくんですね」
第3話での響の言葉はこちらとしても頷く他ない圧倒的な説得力の祈りだが、これは「霊感を持つ天海響」の言葉だ。響自身が霊感≒つながりを失ったと思い込んでしまった以上、信じ続けられるわけがない。

f:id:n_method:20151221235953j:plain
井上が差し出す卵焼き。3話のリフレイン。
井上の祖母の味が響を通して井上へと伝わり、勇希と父、そして生まれてきた妹をつなげたように。
響の母の味が響を通して井上へと伝わり、今度は響自身に帰ってくる。
遺された卵焼きの味は亡き人が居た証であり、その美味しさは今生きている人にも届く。生の証跡たる食事は、在りし日と今をつなぐ橋渡しとなる。9話ではより直接的に描かれたポイントでもある。
1話のお供え、8話のままごともそうだが、本作において食事に宿る意味合いは大きい。食と生は不可分なのだから。
「私、食べられないって、そう思って。私だけがこんなことって。なのに、美味しい。美味しいです」
霊は視えない。母も視えない。けれども、卵焼きの味は遺されている。
語らない台詞から滲み出る響の自罰めいた感情……きつい……つらい……。
井上たちと仲良くなれたのも霊感のおかげだったと吐露する響。自分の存在意義を霊感のみだと断じる響。台詞の端々から凄絶なバックボーンが垣間見えてくる。

「霊感のない私は、何もない私は、それでもつながっていける、そんな自信がなくて」

けどこんな言葉、井上でなくとも許せる道理なんかない。

勇希一家と再度会わせるべく井上は響を街へと連れ出す。道中、今までつなげてきた人々と再会し、少しだけ良い方向に変わった彼らの感謝や叱咤を受けて、響は小さな驚きを覚える。ベタな王道。しかし舌を巻くほどにハートウォーミングな展開。どこか得意げな井上がかわいらしい。
「おかげでちょっとはわかったんじゃない? あんたはーー」
自分のしてきたことを再発見する響の前に、最後に現れるのは勇希の一家。

後に井上が語るように、響が人々をつなげたのは霊感だけの力ではない。
老若男女を問わず、好意的な人から否定的な人に至るまで。いなくなってしまった人も、生まれてきた人さえもつなげたのは。

f:id:n_method:20151222003038j:plain
かつて響が信じた「明日もつながっていく」ということを体現する、勇希の妹・響歌。
これまで響がつなげてきた幅広く豊かな縁が、今度は彼女に向かって伸びてくる。一人ひとりが手を差し伸べ、彼女を痛みの底から救い上げる。
響を救うきっかけになったのは井上だが、真に救ったのはつながりそのものであり、つなげてきた自分自身だ。つながりを通して人の想いは巡っている。

f:id:n_method:20151222005106j:plain
今なお霊を怖がる井上が、震えながらも響の手を掴み取ったことで。
「それが許されるのなら、つながっていたいです」
それによって響は、霊感がなくてもつながれるという奇跡を、本当の意味で信じられるようになる。
「井上さんたちと。霊のみなさんと。たとえ見えなくても」

f:id:n_method:20151221234442j:plain
信仰は確信に変わり、つながりへの道は開かれる。雲間から射し込む陽の光と青信号の演出が小憎らしい。まだ井上は怖がっている。可笑しい。からの「私もとっくにつながってたわけか」。とんでもない描写強度。
視えるか視えないかはすでにどうでもよくなっていて、だからこそ視えるようになるという逆説的な着地点。ウルトラC。ブラーヴォ。1000万点。おれの精神は跡形もなく爆発四散した。
「見えなくても、泣かないでください。見えなくても、悲しまないでください」
ラストの響のモノローグは本作のテーマを総括する。冒頭で取り上げたラストシーンは『ユリ熊嵐』12話「見つけたよ」、『放課後のプレアデス』12話「待っててね!」にも匹敵する最高きわまる名シーンだ。
つなげる意志、循環する想い。Key諸作品にも通じる感動と余韻を残す文句なしの傑作回だった。久弥直樹を感じる。
単発の火力なら6話・8話も相当なものだが、今回はこの12話に軍配。


■落第騎士の英雄譚<キャバルリィ> 第4話「落第騎士 IV」

f:id:n_method:20151223232855j:plain
「みんなぁ! 挫けそうな黒鉄くんを応援してあげてくれぇ! それワーストワン!」
「「ワーストワン!」」
「ワーストワン!」
「「ワーストワン!」」
「ワーストワン!」
「「ワーストワン!」」
「あっほーれワーストワン! ほーらワーストワン!!」 

私的2015年ベストバウト回。
Aパートでのアリスの「強さとは我慢」という言葉は的確。一輝の過去と現在背負うもの、そのためにかかるプレッシャーが台詞と噛み合い重みを増す。心情表現が緻密で豊かなのも『キャバルリィ』の大きな魅力だ。
やりすぎな「ワーストワン!」演出からのステラが叫ぶ流れはあまりにも熱い。一輝の痛みを見抜いたアリスとの会話がここで活きてくる。
彼が再び立ち上がり、自分に喝を入れてからの3分間は圧巻の一言。「ほらどうした戦いなYO☆親切でやってるんだZE☆」「君のおめでたい脳天でも狙うかぁ、当たったらオタブツだぜぇ?」etcetcで溜まりに溜まった桐原静矢へのヘイトがこの3分で炸裂する。

f:id:n_method:20151224001022j:plain
『一刀修羅』+『完全掌握』の時間。神がかった戦闘。大量のカッコいい静止画をアニメーションが成立するギリギリのバランスでつなぎ合わせたかのような、目を見張るバトルシーン。角度を活かしたカメラワークと荘厳かつ情熱的な劇伴、鬼才・松岡禎丞の煽りと悲鳴がこっちの感情も盛り上げまくる!

f:id:n_method:20151224001414j:plain
「イカサマだあああああああ!」「ミリオンレイン!!」「待て! 止まれ! 止まれ止まれ!! やめてくれええええええええ!!」「そうだ! じゃんけんで決めよう!」「友達じゃない……かッ……!」
全カットカッコいい。切り替わりが早い。一瞬も目を離せない。ミリオンレイン投げ返す瞬間とかヤバイ。自然と拳を握りしめている。体温上がる。松岡君最高。
およそどう倒すのか想像もつかない強能力『狩人の森<エリアインビジブル>』を、『模倣剣技<ブレイドスティール>』を進化させた『完全掌握<パーフェクトビジョン>』で破る流れも理に適っている。相手の技を盗めるのなら行動をシミュレートできてもおかしくない。テニスの王子様でいうところの『無我の境地』→『才気煥発の極み』と同様のロジックである。能力バトルかくあるべし。
なおこれは完全に余談だが、この回を観終わった瞬間円盤を予約した。


■想いのかけら

f:id:n_method:20151223212356j:plain
「ほんの少しずつ、気付かないくらいにしか違わない毎日を重ねながら、私は変わっていく」

NHK×福島ガイナックスで送る短編アニメーション作品。東北の港町、被災地の仮説住宅で暮らす中学生の女の子・陽菜のささやかな変化のお話。
フィギュアスケートの練習に励み、怪我をしてしまう陽菜。思い出の中の母親の姿が、遺された大切なものがそっと彼女の背中を押す。陽菜を取り巻く父やご近所さん、友人にコーチといった人々の姿も温かく、胸をうつ。
心温まるドラマがたった2分に凝縮された結晶のような作品。現在もWebサイトで公開中なので興味があればぜひ観てほしい。

絵コンテ・演出は『放課後のプレアデス』でおなじみ佐伯昭志
ただ2周しないとストーリーの把握が若干難しいかもしれない。

f:id:n_method:20151223213729j:plain
少し泣く。


■俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第10話「前から気になっていたんだけど、ゲッツってなんなの?」

f:id:n_method:20151224002854j:plain
「黄色い、男物のスーツ……?」

見た目とは裏腹に存外細やかな感情の描写と少しずつ進んでいく登場人物の関係性が『ゲッツ』の大きな魅力だが、この回のAパートだけは完全にパラメータをダンディ坂野に全振りしている。
本作においてゲッツは突然放り込まれる爆弾のようなギャグだった。回数はそう多くない、必殺技みたいなものだった。発射された瞬間にテレビ画面と視聴者の間に奇妙なねじれを生じさせ、こちらの思考を感受性もろとも吹き飛ばすーーそんな危険きわまりない代物だった、のだが。

f:id:n_method:20151224003209j:plain「ゲッツしてる……!」
開幕5分でとうとうご本人登場である。ゲッツ監修としてスタッフロールに名を連ねてはいたがまさかこの2015年にダンディ坂野がアニメに出るとは誰が想像できただろうか。この瞬間私は完全に覚悟を決めた。ワルブレリアタイ以来の強い覚悟。
そうこうしているうちにヒロイン愛佳へのゲッツの講義が始まる。

岸本斉史も真っ青の三点視点ゲッツ。
実際練習したので多少分かるが、愛佳のゲッツはレベルが高い。作中で言及されていた「腰を落とす」「足を開く」という基礎はもちろん、力を入れすぎず、ダンディ坂野が形作った型枠にそっと置いてくる。レイアップシュートのイメージ。

f:id:n_method:20151224004536j:plain
今ここに、確かにダンディがここにいた。
その後は人気者の化身となったダンディ愛佳がお嬢様学校の面々をダンディミームで侵食していくさまが描かれる。

f:id:n_method:20151224004920j:plain
「ゲッツ」
「ひっ」
もはや攻撃である。

f:id:n_method:20151224003209j:plain
「ゲッツ」
CV:ダンディ坂野(本人)である。

f:id:n_method:20151224005309j:plain
その果ての終局だ! もはや止める術などない!!
「ではいきますわよ! せーの、」「「「「「ゲッツ↓」」」」」

嵐の中を吹き飛ばされるビニール袋みたいな精神状態でやっとCMまで漕ぎ付けて。おれを待ち受けていたのは『本物』の一撃だった。

f:id:n_method:20151224005846j:plain
真・ご本人出演。
満身創痍でふらついていたおれの矮小な感受性はここで完全にワールドブレイクされてしまい、ゲッツのげの字も出てこないBパート中もずっとダンディ坂野とイチズレシピが頭蓋の奥でこだましていた。歪みねぇな。

なおこれは完全に余談だが、本作の私的ベストゲッツはこの次の回、第11話のモブのゲッツである。アニメ『ゲッツ』が積み上げてきたもの、籠められた何重ものニュアンスをぜひその目で確かめてほしい。ゲッツ。ゲッツ。

【12/24追記】
本作のベストゲッツ、最終話で更新されました。ありがとうゲッツ。




以下、他に候補に挙げていた話数。
ユリ熊嵐 第4話「私はスキがもらえない」
■幸腹グラフィティ 第8話「ほくほく、はぷっ。」
■ローリング☆ガールズ 第8話「雨上がり」
■グリザイアの楽園 第8話「ブランエールの種Ⅳ」
■空戦魔導士候補生の教官 第11話「決勝戦、そして…」
わかば*ガール 第13話「普通の女の子」
■Charlotte 第13話「これからの記録」
■ハッカドール THE あにめ~しょん 第2話「アイドルやらせてください!」
■影鰐 第3話「帰還」
蒼穹のファフナーEXODUS 第17話「永訣の火」
■コンクリート・レボルティオ 第10話「運命の幻影」
記事にあるタイトルではワルブレ4・10話、えとたま9・12話、プレアデス12話、ユーフォ8・12話、レーカン!8話、キャバルリィ10話あたりは迷った。迷いすぎですね……。


以上。コメントの分量差はその……ごめんなさい……
なんというか、やたらポップなチョイスに仕上がった気がする。あと笑いか泣きに偏重している。どうも私は感情の振り幅が大きいものを面白いと感じるらしい。
この1年を振り返ることのできる大変有意義で楽しい企画だった。他の方の10選も興味深く(「この人……できる!」と思う記事ばっかりだった)、実際観たくなった作品も多い。きっと今年放映されたアニメ全部観たらまた変わってくるのだろうな、とは思いつつ、今回はこの10本で決まりとさせて頂きたい。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

pixivにSSを投稿しはじめた

(2016/5/15追記)

放課後のプレアデスのSSを書いた。あおいの友人(よくわからない洲崎綾)、受

 

天体のメソッドのSSを書いた。出来心だった。


(2015/10/24追記)

天体のメソッドのSSを書いた。こはるの境遇が好きすぎてつい。

2015/9/20追記)

放課後のプレアデスのSSを書いた。みなと君には幸せになってほしい。

2015/8/5追記)

放課後のプレアデスのSSを書いた。あおいの友人(よくわからない洲崎綾)が暴走した。

(以下2015/5/10更新)

前者はごちうさの百合もどき、後者は天体のメソッドの過去補完。
ちなみに後者はBD5巻の特典内容(久弥直樹のショートノベル)次第で修正ないし黒歴史入りになる可能性が高い……。

二次創作というものに初めて手をつけてみたけど、これは楽しい。ごっこ遊びと人形遊びを織り交ぜたような面白みがある。なんか間違っている気がしないでもないが。
数ヶ月に一本は創れたらいいなあと思う。

『TVアニメ「聖剣使いの禁呪詠唱」亜鐘学園学園祭~We are the・夏~』に行ってきた(夜の部)

アニメ イベント

今日のこの日を、私はきっと忘れることはないでしょう。
諸葉さんが帰ってきて、みんなの笑顔が眩しいこの日のことを。
そう、たとえ何度生まれ変わったとしても。

f:id:n_method:20150715230518j:plain
再び綴るッ!

 昼の部からぶっちぎれていた竹達さんの脱力ツイートを見て脱力しながら開場を待つ。
ちょうどこの頃合に思い…出しタオルが完売した。もう1枚くらい買っておけばよかったかな、と思わなくもない。

f:id:n_method:20150716230105j:plain
開場。中では昼の部同様キャラソンアルバムが流れている。良い。モモ先輩のSPEED DEMON、サツキ&静乃のBELIEFが特に気に入っています。
小1時間ほど経って諸葉さんのアナウンスが入り、やはり最初は

①開幕ライブ。
『緋ノ糸輪廻ノGEMINI』、心なしか昼の部よりも観客の統制が取れている感じがする。それにしてもこの曲はどうして聴いていると熱さと笑いがこみあげてくるのだろう。メインテーマと双璧をなす、本作を象徴する曲だ。


②キャラクター紹介ムービー
昼の部の記事で書いたため省略。

ムービーが終わると昼と同様キャスト陣が舞台に上がってくる。石川プロのいでたちが微妙に変わっている。あれは……詠唱文字Tシャツ! やっぱりプロは最強の救世主だと改めて確信した。
竹達さん、悠木さん、ヤシの木ネックレス装備の小倉さん、内田さん、上田さん、そしてラスボスこと画伯こと小林ゆうさんが登場
「どうも、聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>役のーー」
アンタいきなり何言ってるんだ。神崎先輩、ハナっからボケボケである。


③思い…出した! 名場面トーク
Webでとったアンケートのランキング。夜の部は日常シーンベスト5。

・5位:静乃の浴衣デート(5話)
竹達さん「私この回の静乃のおっぱいがすっごく好きで!!メロンがすごくて!!帯の上に乗ってて!!」
石川プロも交えて盛り上がるおっぱいトーク。コンテの段階でぷるんぷるん揺れていたらしい。力の入れどころを分かっているとしか言いようがない。

・4位:マーヤ&部屋のみんな(11話)
アフレコのときから女子会ムードだったとのこと。
小倉さん「このメンバーで雑魚寝とかしたいなって」
天津さん「このメンバーで雑魚寝したら武道館埋まりますね……」

・3位:サツキラップ(7話)


がんばれYO。
石川プロの返しもアドリブである。悠木さん以外のキャストは「なんで竹達さんは突然ラップを始めたんだ……?」と笑いをこらえるのに必死だったらしい。なんつー現場だ。

・2位:斎子石動アイアンクロー(5話)
小林さん「(中村さん(石動兄役)に頭締めてもらえるのって)あんまりあることじゃないじゃないですか。なんかすごく、UaAuaーーwーWー↑みたいな」
天津向「わからないです!」
小林さん「あ、なんか違ったか。A、chaAaaー^ーwーwWwー↑」
天津向「そういうことじゃないです」
そういう感じの場だったとのこと。どういう感じの場でしょうか。
小林さん「ハイムラァ……わかるよなあ……」
石川プロ「あの、触れないでもらっていいですか!?」

天津向「続いて第1位。内田さん何か、このシーンじゃないかとかありますか?」
内田さん「ヤシの木……」
天津向「なんで蒸し返すんすか……!! 上田さんは!?」
上田さん「2分間続く波……」

・1位:レーシャとデート(猫耳服)(7話)
これは堂々の1位である。

http://warubure-anime.com/product/img/thum/detail_DVD04_cover.jpg

上田さんが4巻ジャケット↑のポーズをとった。……かわいい。うわ、かわいいぞ! 声豚になりそうだ!!
上田さん「だんだんつらくなってきた……」

・ランキング以外で印象に残ったこと
石川プロ「とうもろこしマジで入ってなかったんだなーって」
小林さん「ハイムラァ……いつでも呼んでくれェ……」
石川プロ「ホントにやめてほしい……!」
他、悠木さんがアニメ本編でなくドラマCDの話を始めたりする。11巻限定版についてきたやつだ! 押さえてないクソッ!! 良い宣伝するなあ……

小林さん「選べません……女の子もみんな可愛くて……諸葉さんも……ハイムラァ……あとあの大きいのも(フォートレス級のことか!)。あの瞳がいっぱいあってパチパチって」
天津向「あれですか!?」
小林さん「みんなも好きだよね?」
ぐるりと客席を振り返る小林さん。い、いやいや……同意を求められても困るぞ。観客困惑。
小林さん「敵もすごいしキャラクターもかわいいし、ワルブレ大好きって感じで! せーの、ワルブレ、大好きー!」
えっこっちに振るの!? ノるよ!? 客のみんなで音頭に合わせる。めっちゃ戸惑っとるがな!
でも「ワルブレ大好き! 全体が大好き!」には素直にグッときたりする。


④最強のペアは誰だ! 何を綴っているのでしょ~か!
女性陣が2人1組のペアに分かれ、片方がくじ引きで決めた道具を使って空中にお題の文字を綴り、もう1人が描かれた文字からお題を当てるゲーム。 答えがどうしてもわからない場合は助っ人役・石川プロにジェスチャーヒントを求められる。

というか実質ジェスチャークイズだ……

 4.1 Aチーム(綴る内田さん→答える小倉さん)
道具:例の紐。お題:ロボット。
例の紐とは……1000円の青い、女神が付けてるあれである。レーベルの壁を越えてしまった。
なわとびみたいにひょいひょい綴っていくがやはり紐では難しい。ジェスチャーへ。
間接部が丸くてぎゅるぎゅる回転しているのが伝わってくる! 最新型のヤツだ! 
正解。

 4.2 Bチーム(綴る上田さん→答える竹達さん)
道具:けん玉。お題:やきにく。
どっちが綴るか観客に訊くとレーシャコールが巻き起こり、上田さんが綴ることに。竹達さんに答えさせたいファンの気持ちはよくわかる。エンシェントニワトリ。
竹達さん「わたしちょっと雪辱のハラミ……ハラミ??
竹達さんの言語野がバグった。悠木さん、頭を抱えてとても険しい表情をしてらっしゃる。
混沌とする2人をよそに、上田さんがお題を見ないよう目を伏せる。スクリーンに映し出されるお題は「やきにく」。なんだこの流れは。この会場にいったい何が降りてきているのか。

上田さんは1画綴るたびに「シュッ……シュゥッ……シュッシュッ」と小声で呟く。かわいい人だなあ……
昼の部の反省を生かしたのか、けん玉を振り回さず先端で文字を書くようなスタイル。シュウッ……シュウウッ……
竹達さん「すっごくおいしそうだけどわかんない!」
石川プロ「先輩命令なんだよなあ……」

うおォん! 俺が育てた肉だ!! とばかりのジェスチャー。正解。

4.3 Cチーム(綴る小林さん→答える悠木さん)
道具:ゴルフクラブ(玩具)。お題:ふくろう。
天津向「石川プロが考え込んでおります。けど結果は出す男なんで大丈夫です」

とめはねはらいをしっかりと。綴る小林さん、ナイスショットをきめています。繰り返し、何度も、同じ1文字目、2文字目で。
悠木さん「すごいわかったんですけどー、なんかー……」
天津向「いえ、信じられないかもしれませんがまだ2文字目です」
悠木さん「!?」
天津向この人は1文字目を3回やったんです」
悠木さん「? !? ???!」
小林さん「絶対勝とうね^^」
その後も詰まりながらも文字を進めてラストの4文字目に突入、しゅっと書き上げたその瞬間。

小林さん「う」

静寂した会場でいやにはっきり響く「う」。この人、口で言いやがった……!!! 
場内、大爆笑の渦。やってしまった小林さん、めっちゃ申し訳なさそう。

石川プロのジェスチャーは名演としかいえない。正解。


というわけで2周目へ。
石川プロ「当然のように2周目いくんですね」
天津向「日本で唯一のジェスチャーのプロと聞いております」
……まあ石川プロ、天メソイベントではカラオケをする宇宙人とかジェスチャーする方だからなあ……


 4.4 Aチーム(綴る小倉さん→答える内田さん)
道具:たわし。お題:海水浴。
小倉さん「私たわしってはじめて触ったかも……」
えっまじで!? とどよめく場内。
ヤジ「どんな感じー!?」
小倉さん「思った以上に固くて痛いです……」
ヤジ「「「fooooooooooooo!!!!」」」
ぼく「fooooooooooooo!!!」

だめだこの会場……小倉さんはたわしのにおいをかいでくさがっている。面白すぎる。

たわしによる綴りは空気の壁を磨くよう。お、わかりやすい。直線がきれいだ。
内田さん「わかったけど、やっぱその(海水浴の)空気を味わいたいなーって」
ジェスチャーを開始することに。「よかったらたわしも」と片手にたわしを持たされる石川プロ。無茶振りじゃねーか!
と思いきや石川プロ、数瞬悩んだ後でたわしをビート板にするジェスチャーに移行。巧い……! そして浜辺で追いかけっこする恋人(昼の部のドラゴンと同じく一人二役だ)を演じている。あわただしい。すばらしい。
当たり前みたいに正解。
内田さん「ちょっと最初の空白の時間がよくわからなかったけどー」
石川プロ「これのせいですよ!!」(たわしを突き出す)

4.5 Bチーム(綴る竹達さん→答える上田さん)
道具:指差し棒。お題:一輪車。
竹達さん「よーしつづるぞー」
めっちゃ不安だ……引き当てた道具は指差し棒。大当たりの部類だ。
竹達さん「すごい頭よくできそうですね!」
石川プロ「今の発言頭よくなさそうですね」
さらっと爆弾投げ込むのやめようよ!! 後で絶対怒られるやつだ……プロ……

海水浴と同じく今回も漢字を綴る。画数多いから書くのが大変だ。でも直線をピシっと引いててわかりやすい。『輪』は書きあがった瞬間に拍手と歓声がわきあがる。『車』でもわきあがる。
天津向「これそういうゲームじゃないですから! なんでポイント獲得したみたいになってるんですか!?」
上田さんはあきらかに綴った文字が伝わっている様子。でもジェスチャーはお願いする。
竹達さん「やりたくなるような魔法をかけてあげる! 界人くん、いつやるの?」
石川プロ「今でしょーーーー!!(観念して天を仰ぐ)」

ジェスチャー。単にバランスをとってこぐ(そぶりをする)のみならず、サドルを持ってまたがるところと降りるところの演技が秀逸。なかなかできるものではない。
上田さんもごく自然に正解。

4.6 Cチーム(綴る悠木さん→答える小林さん)
道具:傘。お題:不死鳥。
さっきつかった指差し棒を自分の席へと持ち帰り、内田さんの二の腕をつんつんしはじめる竹達さん。
天津向「竹達さん。指差し棒で遊ぶのはやめてください」

傘(ポーズをとったら歓声がわいた)の先端で漢字の曲線を綴っていく悠木さん。わりとわかる。けど小林さんはわかっていない様子。
うっかり2文字目は「死」だと悠木さんの口がすべっていた気がするがダレも何も聞いていない。
プロー! 助けにきてくれー!! 仕方なく出た石川プロに差し出される傘。どうしろとという面持ちで悠木さんを見返す石川プロ。
傘を開いて閉じてを繰り返してはばたきを、壇上で死んだふりをしては蘇ってで不死を表現するプロ。けどこれはニュアンス的に難しいか?

天津向「それでは小林さん、正解お願いします!」
小林さん「みんな……受け止めてね……死神男!!
どこから出てきたその単語。
小林さん「死はあってますよね!?」
天津向「なんで1文字目に死が入るの答えたんですか!?」
あまりのアレさに再度答えるチャンスが与えられる小林さん。
小林さん「堕天死」
もう何文字目とかツッコむ次元になかった。

f:id:n_method:20150810013031j:plain
商品は明宝ハム


⑤告知
昼の部の記事で書いたため省略。タオルのほうが完売となっております。
fortunaの4人はライブ準備のために一旦舞台袖に退場。
小林さん「ハイムラァ……」(4人がいなくなったとたんに告知とまったく関係なく絡み始めた)
石川プロ「さりげなく尻触らないでもらえますかね!?」

おい……いつまで寝てる気だ……お前も思い出せ(登録しろ)。
実際まじめに期待してたりする。あわむら先生監修のオリジナルストーリーなんですよ。


⑥ライブ
閉幕を飾るのはもちろんfortunaより『マグナ・イデア』。
中村彼方さんの歌詞*1が、fortunaの歌声が私の世界をブレイクしていく。声豚のコールさえも今となっては心地良い。というか昼の部で覚えてしまった。フゥフゥー↑

「なぜここで出逢ったのかを この時に生まれたのかを 私たち 未だに知らないまま」

まじめな話、この作品と出逢わなければ今の私はいなかった。無論このブログも開設していない。
けっこう冗談抜きで精神が厳しかった時期に突き刺さったのが本作だったのだ。凍えていたメンタルを毎週ブレイクしてくれたのには感謝しかなかったりする。
この生き苦しい世の中で「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」は、2015年冬の3ヶ月は、7/12は記憶の中で輝き続けてくれている。原作が続くこれからは、もっとずっとだ。
実際、私は苦しいときこう呟いている。「波乱の現世を切り開け!」と。ネタじゃないんですよこれ……。

もっとも、私のダメンタルとは無関係にこのアニメが怪作であることは以前記事にした通りである。


⑦閉幕
熱狂に包まれた舞台、コメントを残していくキャスト陣。小林さんは神崎先輩の声で奇声をあげる。竹達さんはハムやハラミを蒸し返す。おうちに帰ってお肉食べたいと思いますと。はい。

石川プロ「昼の部は『来いよ、サラティガ!』で〆たんですけど、」
……お?
石川プロ「夜は、僕が『ウィーアーザ』って言うので、」
おおお?
石川プロ「みなさんで『セイヴァーズ!』って言ってもらえます?」

思わず椅子から身を乗り出した。立ち上がりかけた。これは、これは……!!


石川プロ「武器を用意しろ! いくぞ、」


「We are the」

f:id:n_method:20150810021158j:plain
「 "Saviors"! 」

夢が叶った。感無量である。

 本当、感謝しかない。


・おまけ

イベント限定販売とはなんだったのか。

1ヶ月以上早い先行販売とはなんだったのか。

※ワルブレ展は現在終了しています。

*1:ゆゆゆのOP・EDの歌詞も大好きです。

『TVアニメ「聖剣使いの禁呪詠唱」亜鐘学園学園祭~We are the・夏~』に行ってきた(昼の部)

アニメ イベント

f:id:n_method:20150714222316j:plain思い…出した! 綴るッ!

7月12日日曜日朝。深夜3時までひとりワルブレ上映会を開いていた私は目覚ましアラームにセットしていた『salatiga』で目を覚ました。変身時のBGMである。
待ちに待った超最強のイベントデー、コンディションは最高潮。ラーメン屋で早めの昼食を食べてから電車に乗って会場に向かう。日曜の虎ノ門、昼営業のお店は少ない。

出足が遅れたため物販状況がやや不安。自然と足早になっていく。
TLを見れば「ワルブレ物販現在行列5000人」「現在8000人」「前世も含めて1万人」「Tシャツタオル限定3点!? 3人しか買えないじゃないか!」「3日分はあるぞ!!」etcetc、超最強の情報戦が繰り広げられている。あまりのウィットに頭がアイスみたいにとろけたところでニッショーホール着。

f:id:n_method:20150714223440j:plain
700人の《救世主(セイヴァー)》が集う決戦の地。
意識の高い救世主達は既に物販のTシャツに着替え、『綴る!』だの『ぶんぶく茶釜ーーーーー!』だのを誇らしげに上体に貼りつけている。
急いで私も物販に並んだ。10人ちょいだった。

f:id:n_method:20150714224557j:plain
物販リスト。事前にすべてを告知しないあたりワルブレ公式である。

f:id:n_method:20150714224516j:plain
イベント限定Tシャツはこちらの2点。他、コキュートスTシャツとサツキ名言Tシャツの計4種類のTシャツがある。

f:id:n_method:20150714225006j:plain
もうひとつのイベント限定アイテム、思い…出しタオルと、C87イベントセットも含めての計4点を購入。9500円。安い。

f:id:n_method:20150714225807j:plain
1ヶ月以上早い先行販売の抱き枕。実際静乃エロい。けど世界一可愛い抱き枕ことマーヤがいないのは確定的に間違っている。

f:id:n_method:20150714230238j:plainそんなこんなで開場。ハコ自体がコンパクトなので前ブロックじゃなくても壇上が近い。これはいい。
キャラソンアルバムが流れている中まったりと待つうちに席が埋まり、さらに待っていると諸葉さんのアナウンスが流れ始めた。

「さて……いよいよ亜鐘学園学園祭の開幕だ。まずはこの曲から!『緋ノ糸輪廻ノGEMINI』!」

!?
①開幕ライブ!!?
沸き立つ観衆、真っ赤にライトアップされる壇上、煙の中から現れる花魁姿のプチミレディ! 初っ端からフルスロットルだ!! 声優ファンも熱狂!!! サイリウムが客席を緋色に染め上げる!!!


②キャラクター紹介ムービー
ライブが終わり間をおかずにムービーが流れ出す。BGMは『World Break -Main Theme-』。
「兄様は絶対に負けない。だって、兄様は聖剣の守護者、最強の剣士なんだから!」
「前世も現世も来世も、ずっとずっと一緒にいたい!」
「尻は地球より重い!」などの名台詞のテロップとともにメインキャラクター達がスクリーンに映し出されていき、その度にやはり会場が沸く。
このコーナーが一番アニメらしいコーナーだった。ここからはシンプルに地獄である。

本イベントのMC・天津向が軽い自己紹介を終えた後、メインキャストが登場。
まずは最強の救世主・石川プロこと石川界人(灰村諸葉役)が舞台袖からかっ飛んできた。当たり前みたいに綴るTシャツと思い…出しタオルを身に着けている。ワルブレ過剰摂取で頭がイカれた客と勘違いされてもおかしくない。
引き続き竹達彩奈さん(嵐城サツキ役)、悠木碧さん(漆原静乃役)、小倉唯さん(四門摩耶役)、内田真礼さん(百地春鹿役)、上田麗奈さん(エレーナ・アルシャヴィナ役)、小見川千明さん(アンジェラ・ジョンソン役)と最強のキャスト陣が続々入ってくるが、石川プロの登場に引きづられてポーズ的なものを取らざるを得ない雰囲気に。みなさま大変にかわいい。

悠木さん「本日は竹達が無事にウィーアーザ夏を言えてよかったと思っています」
これ、今となっては半ば誇張抜きの心配だったんじゃないかと思う。

石川プロ「最高の思い出綴っていこう!」


③思い…出した! 名場面トーク
Webでとったアンケートのランキング。ちなみに私はインヤン・ヴリトラ、奪われたくないなら奪うな、コキュートスに投票した。
昼の部はバトルシーンベスト5。

天津向「キャストの皆さんこのバトルが入るんじゃないかとかありますか?」
小見川さん「おっぱいバトルですか?」
天津向「……えーっと、どうされましたか?」

・5位:諸葉VSエドワード(4話)
羽多野渉さん(エドワード役)のアドリブが光った回とのこと。チャラ~もダッダン!も全部アドリブとか……すごいな。
石川プロ曰く、この作品はアドリブやセリフのニュアンスで遊んだ場面が数多くあるらしい。件のラップもだ。
竹達さん「プロ・フィット*1の2人に煽られた」
石川プロ「だって韻踏んでたし」
悠木さん「韻踏んでたし、ねえ?」

・4位:サツキVSソフィ(8話)
竹達さん「お、思い…思い…」
天津向「思い出してください! 今この場で語れるのはあなたしかいないんですよ!!」
竹達さん「俺の屍を越えてゆけって感じだった、なんか」
……お、おう(この人大丈夫か……?)。

・3位:百地VS諸葉(5話)

f:id:n_method:20150715001959g:plain
天津向が海回で他に印象に残っていることをキャストに尋ねる。
なぜかシームレスに諸葉の尻の話が始まる。
天津向「神崎さん……夜の部で降臨されます」
石川プロ「来ちゃうんだよなあ……そうだ、テストのときはもっとリアルなあえぎ声でやってたんですよ。あっ……ァアッ↑」
悠木さん「やめなさい!!!!」
ちなみにもっと生々しさを抑えて、という監督の指導もあったらしい。

・2位:静乃VSレーシャ(7話)
上田さん「なんか静乃さん攻めてると楽しくなってきちゃって。なんかぞくぞくするーって」
悠木さん「私が右? 私が右か、わかった」
ナンの話だ。
ちなみにこのバトル、最初のアフレコでは静乃が殺る気出しすぎでドスが効いてしまったので、もう少し抑えめで、と監督にお願いされたらしい。……もしかしてキャスト陣、しばしば演技を抑えるようにお願いされていたのではないか……?

天津向「続いて第1位。……先に言っておきますがそれ(=おっぱいシーン)は違います」
小見川さん「じゃあなんなんですか!?」
天津向「バトルシーンだよ!!!!」

・1位:諸葉VS多頭種(2話)
「ヤシの木……」
「ヤシの木の回!」
「ヤシの木は忘れよう」
突然のヤシの木トーク。
小倉さん「実は今日の衣装にヤシの木のネックレス(¥300)を買ったんですよ。夜の部に付けてきたいと思います」
や、ヤシの木以外には?
「諸葉が横スクロールみたいに動いてた」
だからそのピンポイントな表現をやめて!!!

・ランキング以外で印象に残ったこと
内田さんからは弟(内田雄馬:万年堂亀吉役)のアフレコをドキドキしながら見守っていたこと、小倉さんからは最終話でやっと綴れて嬉しかったです!(やたらかわいい)というのが挙がった。
なんと綴る用の分厚い台本があったらしい。


④最強のペアは誰だ!何を綴っているのでしょ~か!
女性陣が2人1組のペアに分かれ、片方がくじ引きで決めた道具を使って空中にお題の文字を綴り、もう1人が描かれた文字からお題を当てるゲーム。
答えがどうしてもわからない場合は助っ人役・石川プロにジェスチャーヒントを求められる。

4.1 Aチーム(綴る内田さん→答える悠木さん)
道具:指差し棒。お題:スイカ。
スッ、スーッと小声で言いながら(かわいい)内田さんが『スイカ』の3文字を中空に綴っていく。お、わかりやすいぞこれ。
しかし悠木さん「わかったけどー、わかんな~い☆」と石川プロにジェスチャーを要求。ひでえ。
石川プロが颯爽と参上、スイカ割りのジェスチャーを始める。額で棒を地面に押さえてその場でぐるぐる回った後、見えないスイカを一刀両断。ますますわかりやすい。
Aチーム、難なく正解。

4.2 Bチーム(綴る竹達さん→答える小倉さん)
道具:ペンライト。お題:おふろ。
サイリウムとかではない本物のペンサイズのライト。とりあえず点灯させる竹達さん。観客に向けるのは眩しいから、と指摘され、ぱっと自分の顔に向ける竹達さん。「眩しっ!」。当たり前である。こ、この人は……

竹達さんが綴った結果はわかるようなわからないような……やはりジェスチャーへ移行。
石川プロ、服に手をかけぐいっと脱ぐ……ふりをする。つま先からゆっくり湯船に浸る。リラックス。ふ~……すごいいけないものを見ている気がする。とんだサービスシーンだ。
Bチームも正解。

4.3 Cチーム(綴る上田さん→答える小見川さん)
道具:けん玉。お題:ゴリラ。
けん玉、リハであおちゃん(悠木さん)が悲惨なことになった曰くつきの道具らしい。
悠木さんでも乗ったから
石川プロ「いや知らないよ! 先輩だけど! 乗せるゲームじゃないから!」
悠木さん「でも乗ったもん……」

けん玉で綴るのは無理でした……そりゃそうだ。どうしようもなくジェスチャーへ。
石川プロ、深呼吸をして、何かを捨てるような表情を浮かべて……う、う○こを投げ始めた!! 習性か……ひどくリアルだ。小刻みなドラミングもそれっぽい。

Cチームもなんとか正解。
全チーム並んでしまった。ジェスチャーの質が高すぎる。


というわけで2周目。マジで?


4.4 Aチーム(悠木さん→内田さん)
道具:ゴルフクラブ(玩具)。お題:イギリス。
綴り自体はイイカンジ。でもジェスチャーはやらせる。
石川プロ、英国紳士を演じています。杖をついて、席を譲るようなしぐさ。しかしだいぶ伝わりにくい。内田さんが困惑している。
内田さん「ジェスチャーは忘れる!」
石川プロ「えぇっ……!」

正解。石川プロとはなんだったのか。

4.5 Bチーム(小倉さん→竹達さん)
道具:紐。お題:ドラゴン。
天津向「例の紐ではございません」
小倉さんは紐を振り回して軌跡を描くのではなく、紐で文字の形を象って表現していくスタイルを採用。しかし竹達さんには伝わらない。
ジェスチャータイム。ドラゴンはばたく。火を吐く。 勇者(勇者役も当然石川プロがやる)が剣で防御する。飛びかかって斬る。 ドラゴンやられる。
……これまた巧いなあ。ジェスチャーというより演技だ。
しかし竹達さん、最後までピンとこない。

天津向「この作品にも出ています……4文字。竹達さん、お願いします!」
竹達さん「ニワトリ!」
天津向「ニワトリが何を吐きますか!!」
竹達さん「タ、タマゴ……?」

不正解。さすがに笑い死にかけた……
間違った後もヒントは続く。炎を吐いていた、この作品にも出ている、ばっさり斬られる、エンシェント、といったヒントが次々口頭で出されていく。
石川プロ「インヤン・ヴリトラアアアアアアアアアア!!」
竹達さん「……??」
悠木さん「思い…出して!」
石川プロ「みんな、ありがとう! うおおおおおおおおおああああああ!!!」
竹達さん「…………???」
石川プロ「思い出せよおおサツキイイイイイイイイイイ!!!!!」

竹達さんは天津向さんの最後のヒント「最初の3文字は『どらご』です」のヒントでようやく正解に至った。

4.6 Cチーム(小見川さん→上田さん)
道具:傘。お題:えだまめ。
小見川さん、他チームの小倉さんを召還して二人羽織の様相で綴り始める。ナチュラルにルールを無視していてかっこいい。あとかわいい。
上田さんへの口頭でのヒント(まだ何も答えてないのに小見川さんが勝手に伝え始めた)は『小倉さんが好きな食べ物』。どんどんルールが追加されていく……つよい……

それにつけてもプロのジェスチャー。 枝豆をくわえて皮を置く。ビールを追加。枝豆注文。パクつく。やっぱり巧い。 正解。

結果はA、Cチームの優勝。

f:id:n_method:20150715014424j:plain
賞品は明宝ハム
石川プロ「ちょっと待って、俺あんなにがんばったのになんもないの……?」


⑤告知
物販情報、BD/DVD、キャラクターソングアルバム、原作新刊13巻(8月発売)等の紹介・告知。
先日発売された超最強のキャラソンアルバム、放送前に発売されたイメージソングミニアルバムの曲まで入った大満足の19曲収録なので本当にオススメです。
放送情報としてはリテイク版*2の放送がAT-Xで始まっている。dアニメストア、ニコニコ、バンダイチャンネルでも開始するらしい。絶対観よう。


続いて公式スマホアプリ『スクール・オブ・セイヴァーズ』のトレーラー告知。

俺は思い出した。お前も思い出せ。
絶対みんなで《救世主(セイヴァー)》になろうな。


⑥ライブ
閉幕を飾るのはfortunaよりエンディングテーマ『マグナ・イデア』。
声優ファンのコールがすごい。こちらもつられてオカしくなる。
そうだ、夏になれ。俺たちが夏だ。We are the "Natsu"!


⑦閉幕
アガりきった舞台にキャストが再登場し、一言ずつコメントを残していく。
イベントの〆は石川プロのこのかけ声。

石川プロ「来いよ、」
観客サラティガアアアアア!!!」

熱気渦巻く会場に救世主達の絶叫がこだまし、イベントは一度幕を閉じる。




ーーそして、夜の部が始まるのです。(夜の部の記事につづく)

*1:声優事務所。本作キャストでは悠木碧石川界人の2人が所属している。

*2:円盤収録の修正版。TV放映版よりぐんとグレードアップしている。

夜空の星を結ぶ魔法 ~放課後のプレアデス読解・感想~

アニメ

「寄り添うように輝く星も、本当はひとつひとつが何光年も遠く遠く離れています。何もない空でひとり輝きながら、みんな、同じように星達を見上げているのかもしれません。その輝きが、いつか誰かに伝わるって信じながら」

f:id:n_method:20150628060810j:plain
SUBARU×GAINAXの共同アニメーション作品『放課後のプレアデス』が先日最終回を迎えた。言うまでもないが多くの視聴者同様、私は感動し、感動し、感動しきり、今なお心身が前後不覚に陥っている。毎話こんな感じだったが今回は特にひどい。どうにかアウトプットしないと心がおかしくなりそうなのでここにキーボードをとった次第である。
今回はこの史上稀に見る傑作(私の中ではもはや宇宙最高傑作)について、散りばめられた幾つかの謎に関する私見・こじつけをがっつり交えつつ、好き勝手に書き散らしていきたいと思う。


・可能性の結晶が持つ意志

放課後の魔法使いとしてエンジンのカケラを集める日々を通し、すばる達5人は自身のトラウマを克服してきた。ひかるは真実を知ること、いつきは自分を伝えること、あおいは誰かが変わっていくこと、ななこはいつか別れてしまうこと。各々の不安や悲しみ、自己否定は、すばるやみんなの言葉で得られた気付き、そこから選んだ自分自身の行動によって、どこまでも優しく取り払われる。
本作の「横の物語」はこの5人のつながりといえるだろう。
そして「縦の物語」に該当するのがすばるとみなとのつながりだ。
f:id:n_method:20150627215405j:plain
「それにこの星も、君のことが好きみたいだよ」

幼い頃、夢か現かわからない世界で、ふたりは星の交換をした。
みなとはこの世に生まれることすらなかった命の可能性の結晶を、すばるは母と作った折り紙の星を。
序盤でしばしば温室みなとが語る「星が君を導く」とは、この結晶を指していると思われる。星の交換がなければふたりは再会することもなく、物語も始まらなかった。温室みなとは深い眠りについたまま、角マントも呪いの形のままだったかもしれない。コスプレ研究会のみんながトラウマを払拭できたかも怪しいところだ。すばるは温室みなとと交わした言葉に背中を押されて、友達を助けてきたのだから。
では、なぜ可能性の結晶はすばるを導いたのだろうか。
それはきっと、すばる達を応援しているからだ。
f:id:n_method:20150627215814j:plain
6話においてドライブシャフトは突然の進化を見せる。
初見では意味不明(!)だったこの描写も、10話で花の正体がみなとの集めた可能性の結晶だとわかってからはすんなり理解できるようになる。
すばるの祈りを見たつぼみの花=結晶達は、自ら咲くことを選択した。おそらく自身の姿を確定させることで、弾き出される可能性のエネルギーをすばる達に渡したのだろう。
エンジンのカケラの方はわからないが*1、可能性の結晶達には明確な意志が感じられる。一度人の心に宿ってから弾き出された彼らが、変わりたいと願うすばる達を応援するのはとても自然な感情に思える。すばる達が友達を応援し続けたのと同じだ。
f:id:n_method:20150627214955j:plain
たった一輪を残して、咲いた花はすべて消えてしまう。

……これも推測だが、角マントも結晶のエネルギーを借りて魔法を使っていたのではないだろうか。*2
自分をやり直すために、自分と似た境遇にある可能性の結晶を助けるために、救いたい対象自体を削りながらエンジンのカケラを追い求めたのではないか。
だとすればその覚悟、心情は計り知れない。みなとがすばる達のモラトリアムじみたカケラ集めを唾棄するのも道理といえる。


・観測するということ

魔法使いのエネルギー=可能性の力は何者でもない人間に宿る。大人のように自分の在り方を規定した者はエネルギーを失い(弾き出されて)、魔法使いではいられなくなる。
「自分は魔法使いだ」と自認したみなととすばるが魔法を失うのはこのためだ。皮肉ではあるが。
f:id:n_method:20150627234154j:plain
「君だって僕と同じ……自分を呪っている」
「え?」
「心のどこかで君は、このままカケラ集めが終わらなければいいと、本当はそう願ってるんじゃないのか? それが、君自身への呪いだ」

そして、今の自分を否定すると、魔法は呪いへと変わる。

エンジンのカケラを集める活動自体を目的化していること。
変わりたいという自身への願いを、本心では否定してしまっていること。
心の奥底にある「今のままでいたい」という想いをみなとに指摘されたすばるは、自分の呪いを自覚する。
呪いとは自己を否定し、希望を奪う鎖である。
f:id:n_method:20150628030443j:plain
「私だって信じてる。会長がどう言ったって、すばるは変われるって!」

胸に星を宿せなくなったすばるを最初に後押しするのはあおいだ。7話で「私達は変わっていける」と自分を、相手を信じられたから、あおいはすばるに断言する。

しかし、あおいはすばるの眼前から忽然と姿を消してしまう。
夕焼け空を見上げても、ドライブシャフトは目に映らない。
魔法の世界から弾き出されたすばるは、ふらふらと庭園を彷徨う。手入れがなかったことにされている雑草だらけの花壇を前に、もはや途方に暮れるしかない。
ここですばるの背中を押す、きわめて意外な2人目の人物が現れる。
f:id:n_method:20150628032101j:plain
みなとの友人(以下梶君)!

「ほら、よくここであいつと一緒にいたろ?」
「あいつって?」
「ほら、うちのクラスのさー、いつもぼやっとしたあいつだよー。えっとー……あれ、おっかしいな……名前が出てこない……」

思いもよらない遠くの星が、同じようにみなとを観測していた。
自分と同様、魔法使いではない人が、である。
梶君の言葉を受けて、すばるは確かにみなとが此処にいたこと、なかったことになっていないことを再び信じられるようになる。
雑草が生えしきった花壇からあの花を見つけ出せたのは梶君のおかげだ。梶君は間違いなく本作の影のMVP。ありがとう梶君。
……まじめな話、ここですばるが「他人」に救われたという事実は、本作のメッセージ、ひいてはラストのすばるの台詞にも多大に関わっていると思う。
だいたい「みなとの友人」(実際キャストにこう表示される)というのがよく考えてみると重い。梶君の一方的な友達認定だとしても、みなとにはまだ観測者がいてくれたということなのだから。

ナナオレの自販機から見事いちご牛乳を引き出したすばるは、今度は消えたみなとへの扉を開こうと天文部室の入り口であがく。しかし魔法が使えないのは変わらない。そして過去にみなとがいたことが分かっても、今いない事実に変わりはない。
みなとは本当にいなくなってしまったのか。諦めかけたすばるの前に3人目の助けが現れる。胸に宿るもうひとつの星、可能性の結晶だ。すばるに魔法のエネルギーを貸して、ここでも彼女を導いてくれる。
f:id:n_method:20150628040921j:plain
扉を開き、病に伏せる真実のみなとを知るすばる。
植物状態のみなとの手の下には、かつて交換した折り紙の星が置かれていた。みなとが存在を信じられなくなり消えていた折り紙の星は、すばるの意志、観測によって再びその形を結ぶ。
真実のみなとは今も、幻だったかもしれないすばるのことを想っている。すばるもまた、幻だったかもしれないみなとを想い続けてここまで来た。

「ほらね。みなと君も私も、幻なんかじゃないよ」
互いが想っているのならば、それが幻であるはずがない。


・十字の星と五芒星

魔法使いが宿す胸(黒すばるのみ頭部)の星は、彼女達の可能性そのものである。
何者でもない、故になんにでもなれる放課後の魔法使い達は、胸に十字の星を宿す。
角マントは自身に可能性がないことを理解してしまい、胸の星を失っている。
f:id:n_method:20150628042026j:plain
黒すばるはすでに何者かになった後で、なお変わろうとする意志・希望を持つことで、頭上に光なき星を宿す。ダークエネルギー同様、既存の科学では観測しえないが、確かにそこにある可能性。星の持つ引力ではなく、斥力……離れる力を持つ何か。「まったく新しい魔法」。
(ちなみに、すでに何者かになったすばるのコスチュームは角マント同様、無垢な白から何色にも染まらない黒に変わっているが、自分を否定してはいないので呪われているわけではない)

何者かでありながら、再び何者かになれる≒変われる可能性を宿す「まったく新しい魔法」とは、こじつけるなら「変わること」を自己の在り方として規定し直すことなのかもしれない。
f:id:n_method:20150628042104j:plain
そして白みなとは可能性の結晶から生まれた、星型の星を宿す。
本来、魔法使いのコスチュームに星型は宿らない。宿るのは個の光、十字に伸びる光点の星だけである。みなとの胸の星だけが唯一の例外として描かれる。
f:id:n_method:20150628024403j:plainf:id:n_method:20150628025219j:plain
五芒星という形は他者との間に象られる。
夜空に星型の星が存在しないのと同じだ。星型は所謂パブリックイメージであり、現実の星がそのような形をしているわけではない。人同士の認識の間にのみ、星型は存在する。*3
みなとの星が星型なのも、それが他者とのつながりによって生まれたからではないかと思うのだ。無論、他者とはすばるのことである。すばるに貰った折り紙の星がみなとにとっての淡い希望=可能性だった、と考えてみても面白い。

衣装に白さを取り戻し、ピアスの色も赤から黄色に変わったみなと。さながら寿命を迎えたベテルギウス超新星爆発を迎え、新たな星に生まれ変わったようでもある……が、この衣装は胸に星型を宿す一方で(ピアスを除いて)十字の星を一切宿していない。星がキラキラと目に眩しいすばる達のコスチュームに比べると非常に淡白な印象を受ける。
ともすればこのみなとは、角マント以上に個としての可能性を持っていないのかもしれない。
この『放課後の世界』では既に滅びてしまったみなとに、この世に生まれなかった命の可能性とすばるの観測が与えた、一時ばかりの仮初の姿。それが白みなとなのかも。


・本当の魔法

「君達のおかげで僕達は新しい可能性を探す旅に出られる。宇宙の理を越えてまで、君達はエンジンのカケラを集めきったんだ! これこそが本当の魔法だよ!」

11話でちゃっかり暴露されていたが、プレアデス星人の魔法は科学に等しい。任意に可能性を選べるという技術は、言い換えれば「できることしかできない」。正しくSFの枠内といえる。

「ファンタジーは現実で存在しない、また存在しえない事柄を扱い、SFは現実に存在しうる、また将来いつか存在するようになるだろう事柄を扱い、つねに論理の領域内にある可能性に限定される」
(『天使と宇宙船』 フレデリック・ブラウン)

f:id:n_method:20150628050112j:plain
本作において並行世界はそれぞれが独立しつつ、同時に重ね合わせの世界としても扱われる。
特に6人の運命線が複雑に絡まりあった『放課後の世界』では、意志こそが世界を収斂し、事象を確定する鍵となる。
「この宇宙のおかげなんかじゃない。全部私達が、自分の意志と自分の力でやったことだよ!」
という、11話でのひかるの言葉は圧倒的に正しい。
重なり合っている世界を、求めるひとつに収斂させるもの。
エンジンのカケラを集めきれたのも、バナナオレの自販機からいちご牛乳を引き出せたのも、すべては強い意志が世界を引き寄せたからだ。

そして意志とは、他者によって引き出されるものでもある。

他者とのふれあいによって、今まで閉じていた可能性が開きうるということ。
すばるがあおい達の鎖を解き放ったように。みなとと交換した星がすばるを導き続けたように。可能性の結晶達がドライブシャフトを進化させたように。梶君がすばるの観測を後押ししたように。すばるとみなとに魔法が戻ってきたように。
f:id:n_method:20150628172928j:plain
(すばるに可能性を開かれてきたコスプレ研究会の4人が、文化祭の出し物において自分達が仮装するのではなく、客を仮装させる=可能性を開くのも印象的に映る)

人と人との間で紡がれる関係、その結果生じる確率・可能性の相互作用こそが、プレアデス星人でさえ予測することのできない、宇宙の理*4を越える「本当の魔法」を生む力だ。

この「本当の魔法」は『放課後の世界』特有のものではない。
いきなり飛躍するが、彼女達がしてきたことは言ってしまえば天体観測だ。1話・最終話での星を人に見立てたすばるのモノローグが表す通り、彼女達の……いや、すべての人間関係は、星空の模様と近似である。
現実には存在しない五芒星を結ぶことは、実在しない形を思い描き、夜空に星座を観測する行為と一致する。

そしてその星型は、相手が相手、自分が自分だったから結ぶことができたのだ。
f:id:n_method:20150628055713j:plain
「みんなを羨ましく思うのはきっと、困ったとき、落ち込んだとき、たくさん助けてもらったから」
「完璧な誰かになりたいってことじゃなくて」
「みんながみんなだったから」
「私が私だったから」
「一緒にいられたあの時間」
「だったら、私は私がいい。そしてそのとき傍にいる人の、きれいなところ、いいところを、たくさん見つけてあげたい」

「私は、私になる」

気付きを得た彼女達はただ単に元の世界へと「戻る」のではなく、自分の意志で元の世界を選んで「行く」。

星はいつだって離れ離れで、人も結局ひとりなのかもしれない。
けれど、自分と相手を肯定できたなら、星空を想うことができたなら、きっと孤独にはならない。傍で一緒にいる人と、一緒ではない遠くの誰かと、想いをずっとつなげていける。もしも巡り逢えたのなら、互いの可能性を開いていくことだってできる。
星々のつながりーー星座を結ぶのは、人の意志だ。
f:id:n_method:20150701224341j:plain
気付いたすばるが抱く祈りに、もう悲しみの色はない。
雨だったはずの流星雨の夜は晴天に変わり、空には星が降り注ぐ。

「夜空に浮かぶ星達は、ひとりぼっちの寂しさと、巡り逢う喜びを繰り返して、長い時の中をすれ違っていきます。
今日の予報は流星雨。星空を見上げていると、今はまだ出逢えていないどこかの誰かのことを、ふと思ってしまいます。
その誰かも、同じようにこの星空を見上げていて。
星達は空から、そんな私達の姿を、見守っていてくれるはずです」

f:id:n_method:20150628060001j:plain
「待っててね!」
すばるの言葉は、まだ出逢えていないすべての人への、いっぱいの希望だ。


・全話通しての雑感

1話、バス停のあおいを遠くから見つめるシーンで一気に心を掴まれていた。叙情性に満ちた作品が好きだ。ポエムなんかもう大好物だ。心のチャンネルをリリカルに合わせたところで描かれるのは、2話でのすばる・あおいのカケラキャッチ。ふたりの距離感と映像がシンクロしているさま。ここで私は完全にノックアウトされてしまった。
カケラ集めの目的が会長の宇宙船を直すため、というのがピンとこない瞬間もあったが、しばらく観ているうちに、これは彼女達自身が抱える問題と大目的を切り離すことで「一緒に何かを達成したい」という彼女達のシンプルな想いを強調するためだとわかった。これは世界を救うだとかではない、あくまでささやかな少女達のお話なのだ。
そんなミクロな物語を描くために、国立天文台の協力を得ての考証を重ねているのもすごい。色んな意味でおそろしく贅沢な世界の使い方だと思うし、映像面でもこれ以上のスケールの作品は今後そう出てこないだろう。先に物語を作ってから当てはまる宇宙の現象を探したのか、宇宙の現象をもとに物語を作っていったのかはわからないが、各キャラクターの個別回は、もとい個別回も、ひとつのハズレ回もない傑作中の傑作である。本筋やテーマとリンクしているのがまた素晴らしい。YouTube版からの4年間でどれほど徹底的に練りこんだのだろうか。
本作は単に科学・天文学方面での考証が重ねられているから良いのではない。重ねた考証を物語と接続し、見事に一体化しているからこそ、こうも魅力的に映るのだ。
ダイナミックな宇宙の情景と少女の心象を重ね合わせる手法には宮沢賢治を感じたりもする。心を直接揺さぶられるような感覚は文字通りの「感動」だった。これが映像媒体の力かと感服した。毎回私の精神が崩壊しそうだったというのは誇張のない本当の話だ。
個別回があまりに良かったため、9話以降の「縦の物語」に不安を覚えたりもしたが、それもまったくの杞憂だったのは上につらつら書き殴ったことからお分かり頂けると思う。10話で少年の一人称視点が飛び出してきたときなんかはもうね……

放課後のプレアデス』はSFと魔法と少年少女の心にどこまでも誠実な傑作ジュブナイルアニメだった。
6月末からは学研から児童書、8月にはSF作家・菅浩江先生がみなと視点(!)の小説を刊行されるが、どういったジャンル・枠組みにおいても通用するパワーが本作には詰まっている。
他の刊行書籍も含めて楽しみに待ちたい。Febri Vol29*5も素晴らしかった。放課後のプレアデス……ガイナックス最後の光……


おわり。
星を想って生きていきたい。

*1:10話で角マントを刺し貫いているあたりに何らかの意図は伺える。

*2:最終回においてみなとの持つ可能性の結晶の数が減っていたことが示されている。

*3:十字光の星も現実にあるわけではないのだけれど、ここはフィクションレベルが違うということでひとつ……スバルのエンブレムですし……。

*4:宇宙の理には光速の壁などといった物理的側面と、自分ひとりでは越えられないような精神的側面(例えばずっと魔法使いでいたい、というような)があると思う。

*5:一迅社発行の美少女キャラクター・ビジュアル情報誌。29号は放課後のプレアデス特集。佐伯監督および協力された国立天文台教授へのインタビューと第10話までのコメント付き各話解説などが掲載されている。